ねこのしっぽ

クリスマスローズに どっぷりの日々です

Entries

大銀龍

0606_13a.jpg

大銀龍 ペディランサス (Pedilanthus tithymaloides)

1か月前に仕立て直ししたばかりの大銀龍です。
朝の短時間に少し日が当たるだけの室内に置いてあるので どうしても徒長しやすくて、しかも冬場は落葉してシッカリと休眠します。
長年 置きっぱなしで茎が茶色く木質化のような状態になってきたものも多く・・・
でも、茶色い茎の先から緑の茎が伸びていたんですけどね。
まあ、見るも無残な惨めな姿になっていたわけで・・・
これは植え替えして挿し木で仕立て直すしかないなーというわけで・・・

挿し木自体は 全然難しくないです。
白い液が出るタイプは 切った後 白い液をふきとって切り口を乾かし、別の棒で挿し木を入れるための穴をあけ そこに茎を挿し込むだけ。
5~6月が挿し木の適期だと聞きますが、私は年中やってるかも~
しかも 切り口を乾かすのもロクにやらずに いきなり挿してるんですけどねー
(良い子は マネをしないように・・・腐るかも・・・)

今回は さすがにあまりにも悲惨な状態になっていたので 処分もチラッと脳裏を横切りました。
それでも何とか復活!
徒長が酷くて茎が細い痩せっぽっちなのは仕方ないんですけど・・・

多肉植物の仲間なんですが、他の多肉ほどに乾燥させると葉が落ちます。
でも、気温が下がってきたら水やりは控えないと腐ります。
赤っぽい面白い形をした花が咲くのですが、室内のレースのカーテンごしの日差しでは咲きません。
春~秋は戸外で日にたっぷり当てた方が花が咲きます。
中国語で紅雀珊瑚という漢字が当てられていますが、本当にそんな感じの花です。
挿し木も落ち着いてきたことだし、戸外に出して日に当てて花を咲かせてみようかな~?
以前、チラッと花が咲いたことがあります。
今度はちゃんと咲かせてみたいな。

大銀龍は、「商売繁盛の木」とも言うんですよね。
うちは商売屋ではないんですけど、お金にまつわるご利益があるとか・・・
ご利益・・・あったかなぁ~?
大銀龍の扱いが悪いから、逆の効果が発動しているのかも~
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

shino

Author:shino
shino's garden へ ようこそ!
4年間の庭放置中に
いつの間にか 宿根草・多年草の
庭になっていました~
暖地 静岡より お届けです。
since 2015.03.16

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR