ねこのしっぽ

クリスマスローズに どっぷりの日々です

Entries

ムラサキゴテン(紫御殿)

ツユクサの仲間の常緑性多年草、ムラサキゴテン(紫御殿)です。

160710_05a.jpg
葉・茎・花まで全てが紫色というのが個性的で目を惹きます。

shino庭では少し軒がある場所に地植えしてあります。
霜の心配がなければ屋外でも越冬できます。
心配な地域では鉢植えにして冬場は室内に取り込んだ方が良いのでしょうね。

160529_09c.jpg
開花させると茎が長く伸びて草姿が悪くなるから、花は付けさせないように摘芯した方が良いようです。
実のところ、よく見かけるダラ~ッと茎を伸ばした姿に憧れて入手したものなんです。
本来の管理方法がどうであれ、その植物に負担をかけ過ぎないのであれば 自分の好きに楽しんだらいいんじゃないかというのが持論です。
本来の管理方法を知った上での自己流がBESTだと思いますけどね。

春~秋は生長が良く、茎が長く伸びてきます。
草姿が乱れてくるようなら 株元から2節ほど残して切り戻します。
切り戻すことで新芽が出やすくなります。
新芽がある程度伸びてきたら摘芯を行い、更に脇芽を出させて株のボリュームアップを図ります。
切り戻しや摘芯の後は 緩効性肥料を与えておきます。
ただし、肥料の与え過ぎは悪影響にしかならないので少なめくらいで丁度良いかも。


160531_08c.jpg
挿し芽で殖やすことが出来ます。
適期は4~8月で、土に挿す以外にも水挿しも可能です。

160713_02c.jpg
風の当たらない明るい日陰で管理すると、1~2週間で根が出ます。
余裕をみて1ヶ月くらい管理すれば定植が可能です。
この鉢は上の挿し芽を1ヶ月半ほど日陰管理してきたもので、葉の色が悪くなっています。
そろそろ親株が植わっていた辺りに定植しなくては・・・

ムラサキゴテンは、1年を通して直射日光に当てて管理します。
陽射しが強いほど 葉の色が鮮やかな紫色になります。
日陰で育ててしまうと葉色が悪くなるばかりでなく軟弱にもなり、茎が折れやすくなります。



ブログ村に参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

shino

Author:shino
shino's garden へ ようこそ!
4年間の庭放置中に
いつの間にか 宿根草・多年草の
庭になっていました~
暖地 静岡より お届けです。
since 2015.03.16

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR