ねこのしっぽ

クリスマスローズに どっぷりの日々です

Entries

クリスマスローズの斑入り

順調な生長を続けているチビ苗達です。

ふと見れば、斑の入った本葉が・・・
160130_01a.jpg
キメラ斑と呼ぶのも申し訳ないほどの わずかな色の変化です・・・(苦笑)
まあ、1枚目・2枚目辺りに多少の斑が入っても、その後は出なくなるのが通常なんですけどね~
それでも夢見るのは自由なんで・・・勝手に妄想して楽しんでます。

実は斑入りの葉って 結構好きなんです♪
クリスマスローズでも、以前は多くの斑入り種を育てていました。
リビダスの斑入りは 葉だけでなく花も綺麗に斑が入ります。
アーグチフォリウス パシフィックフリストは、実生でも斑入りになります。
この辺はかなり有名で それほど問題もないのですが、他はウィルスの影響での斑入り模様も疑いつつ隔離・観察していく必要もあるわけで・・・
16~17世紀頃の斑入りチューリップの狂気時代など 後世では笑い話で済まされますが、いつの世も人々を魅了して止まないものです。
葉フェチshinoも当然のことながら斑入りに魅了されている一人でもあるので、クリロに限らず何の植物でも「斑入り!」と飛びつく前に多少気持ちに余裕を持って考える時間が必要なんですけどね~

160130_02a.jpg
え・・・っと、、、
どこにピントが合っているのか わからないような写真ですが・・・(汗)
実は茎部分を撮ったつもりでした。。。
双葉から 既に真っ赤なんです。
本葉から真っ赤になるのは よく見るのですが・・・
グリーン×パープル交配の子ですが、茎の真っ赤な株と白い株に極端に分かれています。
赤花って グリーンから作るようなんですよね。
何を期待しているんだー? shinoは・・・(笑)
全くの想定外ですよ。。。グリーン良型を作るための交配ですから・・・
でもね・・・夢見ちゃいますよ・・・開花までは・・・
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

shino

Author:shino
shino's garden へ ようこそ!
4年間の庭放置中に
いつの間にか 宿根草・多年草の
庭になっていました~
暖地 静岡より お届けです。
since 2015.03.16

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR