ねこのしっぽ

クリスマスローズに どっぷりの日々です

Entries

ウインターコスモス

1024_01a.jpg

ウインターコスモス (Bidens)

ビデンスは種類が多く200種類くらいあり、1年草タイプと多年草タイプがあります。
ウインターコスモスと呼ばれるものも数種類あります。
現在栽培されているウインターコスモスは ラエビス種とフェルリフォリア種が主です。
ラエビス種は開花時期が秋~冬で、コスモスに似た花を冬に咲かせる花=ウインターコスモスと呼ばれるようになったという本来のウインターコスモスです。
フェルリフォリア種は這うように伸びていくタイプと立ち上がるタイプがあり、暖地では真冬以外の周年で開花します。
現在ではフェルリフォリア種もウインターコスモスと呼ばれて流通していることがあります。

強健で生育旺盛です。
多少の日陰でも耐えられますが、日当たりが悪いと花が咲かないことがあります。
あまりにも日が当たらない場所では、だんだん弱って枯れてしまいます。
日当たりと水はけの良い場所に植えるようにします。
また、肥料の与え過ぎでも葉ばかり茂って花付きが悪くなるので 程々にします。

本来のウインターコスモスは短日植物なので、秋になって日照時間が短くなってくると花芽分化します。(9月半ば~後半頃)
伸びるに任せておくと 草丈が2mくらいになってしまいます。
なので、花芽分化する前の時期に切り戻しして草丈を抑えた方が見栄えが良くなるということなんですよね。

本来の品種でしたら お盆過ぎ~9月前半くらいまでは好きな時に切り戻しして大丈夫です。
某生産者さんの所では 9月初めに5~8cmくらいまで切り戻していました。
そこまで切っても大丈夫なんですね。
ただし、四季咲き性の品種もあるので ご注意を!

今年は8月初めに切り戻ししたのですが、時期的に早過ぎました。
9月初めに もう一度切り戻した方が良かったかも・・・
植えてあった場所が悪くて移植したので、切り戻しを手加減してしまったんです。
切ったのも20~30cmくらいにしただけだったし・・・
予定よりずいぶん大きくなってしまい、あちこちで倒れています。。。失敗だったかも。
来年への引継ぎ事項です。

移植はあまり好ましくないようですが・・・
我が家のウインターコスモスは本来の品種で多年草です。
今年は真夏に移植しました。
花壇に直挿しの挿し芽でも着くような植物が移植(根付きで挿す)に耐えられないわけはないだろう~というのが持論です。
根をいじって移植するのだったら上部も多少切り詰めます。
移植直後は しばらくグッタリしていましたが、じきに元気を取り戻しました。
まあ、大株を無理して移植するよりも、新たに挿し芽して別株を作って定植した方が無難なのかもしれませんけどね~

ウインターコスモスの切り戻しと挿し芽
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

shino

Author:shino
shino's garden へ ようこそ!
4年間の庭放置中に
いつの間にか 宿根草・多年草の
庭になっていました~
暖地 静岡より お届けです。
since 2015.03.16

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR