ねこのしっぽ

クリスマスローズに どっぷりの日々です

Entries

トウテイラン

0911_01a.jpg

トウテイラン (Veronica ornata)

トラノオの仲間のトウテイランは暑さ・寒さに強くて育てやすい宿根草で強健種です。
中国の洞庭湖の湖面の色から名付けられたという綺麗なブルーの花が美しいです。
葉は shino好みのシルバーリーフで、花の無い時期でもカラーリーフとして使えます。

1年目は頼りない姿のことが多いけど、2年目以降は株張りが良くなり見応えが出てきます。
日当たりが悪いと思うように株が大きくなってくれないので日当たりの良い場所に植え付けます。
shino庭の株は今春植えたばかりのものです。
以前、大株に育ったものがあったけど、植えた場所が悪くて邪魔になって処分してしまったんです。
大株になると株張り50cmくらいになるので、今回は広めの場所を確保してみました。
来年が楽しみです。

花が終わったら花穂の根本辺りで切り戻しすると、そのすぐ下から出てきている花芽が咲きだします。
トウテイランは実生でも繁殖するので、花後に花ガラを放置していると増え過ぎてとんでもない事になることもあります。
そのためにも 花が終わったら不要な花穂は早めに切った方が無難です。

5月頃に摘芯すると徒長防止になり 株の盛りも良くなります。
その際には切った茎で挿し芽してみるのも良いかも。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR