ねこのしっぽ

クリスマスローズに どっぷりの日々です

Entries

デュランタ 宝塚

0729_02a.jpg

デュランタ 宝塚 (Duranta repens)

関東以西では 地植えで越冬が可能だと聞きます。
暖地shino家、当然のことながら地植えです。
地植えして10年くらいになります。
地植えでは冬場は落葉しますが、春になれば芽吹いてきます。
冬場は-1℃くらいになりますし霜も降りますが、枯れる気配はないです。

秋の花の終わった頃に全体を剪定し、春の枝を伸ばし始めた頃に微調整のための剪定をすると形良くまとまります。
思い切った強剪定をすると株元からシュートが出ることがあります。
これは勢いのわりに花付きが悪いので、邪魔になるようなら早目に株元から切り落とします。
高さ70cm程の主茎だけを残して枝を全て切り落とした「ほぼ丸坊主」状態にすることが多いのですが(お奨めしません)、強剪定すると逆に枝を勢い良く伸ばすのだといいます。
冬場は茎しか残っていないshino庭では、あまり枝を残すと邪魔なんですもの~
和室前の芝生とリビング前のレンガ敷きの境に植えてあるから、冬枯れ時に枯枝が盛大に残っていたら邪魔ですよねー
超極端な強剪定でも枯れませんので、家庭事情に合わせて剪定したら良いですよね。

ほぼ放置で、水やりも施肥もほとんどしていませんが、毎年ガンガン咲きます。
肥料は蕾が出始めた頃に即効性のものを少量程度で十分です。
特に 与え過ぎ癖がある人は このくらいにしておいた方が無難かも。
時期を考えずに与えすぎると 「葉ばかり様」になってしまいます。
日当たりの悪さも 主な咲かない原因ですから、半日程度は日が当たる場所に置きます。

0726_01c.jpg
下の方の枝が邪魔なので、今年は「なんちゃってスタンダード仕立て」にしてみました。
まだ咲き始めなので 雰囲気だけですが。。。
それにしても、左右の枝張り2m以上のスタンダード仕立てって・・・(苦笑)
来年は育成期に枝の長さも調整して「なんちゃって」を卒業したいな・・・
でも、間違っても花期に枝を刈り込んではダメです。
伸ばした枝の先の方に花を付けるので、蕾を持ち始めてから切ったのでは当然咲かなくなります。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

shino

Author:shino
shino's garden へ ようこそ!
4年間の庭放置中に
いつの間にか 宿根草・多年草の
庭になっていました~
暖地 静岡より お届けです。
since 2015.03.16

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR