ねこのしっぽ

クリスマスローズに どっぷりの日々です

Category [他 ] 記事一覧

オダマキ チョコレートソルジャー

10年以上前からshino庭にあるオダマキ チョコレートソルジャーです。西洋オダマキの中でも かなり丈夫な品種です。オダマキは多年草ですが、3~4年経つと老化で勢いがなくなってきます。絶やしたくない場合は種を蒔いて増やしておくと良いです。チョコレートソルジャーはこぼれ種からよく増えるので、移植可能な株が小さいうちに好みの場所に移しておくと良いでしょう~我が家の株も 時々世代交代させて現在に至っています。鉢植え...

増え過ぎたツバメスイセン

何年も植えっぱなしになっていたツバメスイセン(スプレケリア)です。ここ数年 花を見た記憶がないのだけど、そもそもツバメスイセンは5年も植えっぱなしにしていると球根が混み合ってきて 花付きが悪くなってしまうんですよね。10年近く前に3球ほど植えて そのまま放置していたような・・・それも株間を十分にとらずに混み合った状態で植え付けていたような・・・花付きは悪くなっても葉っぱは たくさん出ていたんですよね。かな...

ウィンターコスモス

いつの間にか ウィンターコスモスが盛りを過ぎていました。我が家のウィンターコスモスは 本来の品種です。ウィンターコスモスはビデンスの仲間ですが、ビデンスは種類が多く 200種類くらいあり、1年草タイプと多年草タイプがあります。ウィンターコスモスと呼ばれるものも数種類あります。現在栽培されているウィンターコスモスは ラエビス種とフェルリフォリア種が主です。ラエビス種は開花時期が秋~冬で、これが本来のウィンタ...

キンモクセイ下の半日陰コーナー

キンモクセイ下の半日陰コーナーを手入れしてみました。実家に押し付けられた(?)コヤブランが大繁殖して凄いことになっていたので、3分の1くらいに減らしました。ヤブランと似ていますが、コヤブランは地下茎で広がっていくのに対して ヤブランは1株ずつ株立ちになるので見分けは簡単です。お手入れ前は無法地帯になっていました。コヤブランはガッツリと地下茎を張っているので抜くのが大変なんですよー大きいシャベルで掘り起...

秋明菊 (ジャパニーズ・アネモネ)

今年も秋明菊が元気です。秋明菊 (Anemone hupehensis var. japonica)ジャパニーズ・アネモネと呼ばれる秋明菊ですが、実は中国からの帰化植物です。地下茎を伸ばして殖えるので毎年せっせと抜き取り処分していますが この有り様です。昨年は4分の3を抜いたんですけどね~今夏は雨不足で、花壇にも念入りに水遣りしてきました。夏の直射日光で多少葉焼けを起こしていますが 水切れは防げたようでとても元気です。白い秋明菊に植...

Menu

プロフィール

shino

Author:shino
shino's garden へ ようこそ!
4年間の庭放置中に
いつの間にか 宿根草・多年草の
庭になっていました~
暖地 静岡より お届けです。
since 2015.03.16

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR