ねこのしっぽ

クリスマスローズに どっぷりの日々です

Category [セージ類 ] 記事一覧

アメジストセージ

アメジストセージの紫色が花壇に映えています。正式名は サルビア レウカンサ (Salvia leucantha)日が短くなると花芽を付ける短日植物です。6月に摘芯すると草丈を抑えることができ 株の盛りも良くなると知っていながら放置していたので、今年も草丈は伸び放題です。摘芯する際には、草丈の3割程度を切り戻すと良いようです。ただし、8月以降の切り戻しは花が咲かない原因となりますので要注意!6月に切り戻しを忘れちゃったら...

ネモローサ スノーヒルの切り戻し

サルビア ネモローサ スノーヒルが 切り戻しの時期になってきました。だいぶ大株になってきて、たくさんの花茎を上げるようになりました。・・・で、これって こぼれ種からも増えると言われています。この規模の株がボン!ボン!と花壇に乱立した日には、shino庭はネモローサに乗っ取られます。ラベンダーの花ガラを放置して こぼれ種からガンガン発芽しているshino庭では、今更何者に乗っ取られてもビクともしないんですが・・...

ブルーサルビア ファリナセア

ブルーサルビア ファリナセアです。今年は少し早い時期から咲き出したので、咲き進んでボロボロになっています。少し早いけど 切り戻ししておこうと思います。本来は7~8月の暑い時期に花数が減ってきたら切り戻しします。全体の半分くらいの長さで切っていきます。切り戻しすることで下葉の枯れ込みを抑え、枝数を増やして秋にこんもり咲かせることが出来ます。春に摘芯しておくと、背丈が高くなり過ぎず 美しくこんもり咲かせら...

サルビア ガラニチカ

shino庭では ひと際濃い青のサルビア ガラニチカが咲いています。強健で生育旺盛なこのガラニチカは 地下茎でどんどん増えます。元々の場所からだいぶ離れたところで咲き始めたものもあって苦笑いです。草丈が120cmと大きめなので、あまり自由にさせておくとボックセージの時のように盛大に領地拡大されちゃうかも・・・花後に3分の1ほどに切り戻しして 様子をみてみます。春に剪定したら草丈も抑えられて良いのですが、茎を伸...

チェリーセージ

shino庭では、真冬以外は花を咲かせているチェリーセージです。それでも 春~夏にかけての時期が一番美しいかな・・・初春に株元まで切り戻せばいいのですが、もう春先にはちらほら咲くものだから なかなか切り戻せなくて 横幅2m近い大株になってしまっています。夏前の切り戻し時期には、今年こそ思い切った切り戻しをせねば・・・花が惜しくて一気に切れなかったら、せめて半分ずつでも・・・すぐ脇では白蝶草が大繁殖していま...

Menu

プロフィール

shino

Author:shino
shino's garden へ ようこそ!
4年間の庭放置中に
いつの間にか 宿根草・多年草の
庭になっていました~
暖地 静岡より お届けです。
since 2015.03.16

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR