FC2ブログ

ねこのしっぽ

クリスマスローズに どっぷりの日々です

Entries

梅雨の晴れ間に

雨ばかり降っていて梅雨寒のshino地方ですが、梅雨の晴れ間に・・・

190709_05a.jpg
15年くらい前からある shino庭唯一のグラジオラス
球根を全部知人にあげたつもりが、数個残っていた木子(チビ球根)から完全復活を遂げたド根性のグラジオラスです。

190709_06a.jpg
除草作業のゴミ山からムカゴを拾って育ててきた鬼百合
華やかなオリエンタルハイブリッド系の百合も良いのですが、心惹かれるのは何故か原種だったりします。

190709_08a.jpg
繊細な姿ですが丈夫な バーベナ バンプトン
気温が低くなると紅葉して銅葉になります。
四季咲き性で長く楽しめますが、こぼれ種でよく殖えるので要注意です。

190709_07a.jpg
草丈50cmほどになる 高性ペンタス パニックタワーホワイト
せっかく手に入れた高性なので、冬越ししてみようかと思っています。

190709_04a.jpg
梅雨寒でスッカリ秋と勘違いして せっせと咲いている原種シクラメン
今秋はたくさん咲かせられると思っていたのに、だいぶ花数が減りそうで悲しい。


梅雨空を恨めしく思っている間に半月も経っていました。
水遣りの手間は省けるけど、洗濯物には悩まされています。
コインランドリーは車で1分の距離なんですけどね。
近くても面倒なモノは面倒なんですー

☆ 鉢植えハツユキカズラ

鉢植えのハツユキカズラの1年

160418_05a.jpg
4月半ば 春の剪定&施肥から2週間後

160531_09a.jpg
6月初め 春の剪定&施肥から2か月後

160630_13a.jpg
6月末 美しく発色してきた頃

160715_05a.jpg
7月半ば 梅雨時の剪定直前
160716_01a.jpg
7月半ば 梅雨時の剪定&施肥直後

160910_01a.jpg
9月半ば 梅雨時の剪定&施肥から2か月後 秋の施肥

170115_04a.jpg
1月 ブロンズ葉

原種シクラメン 季節外れの開花

こんな時期ですが、原種シクラメンが咲いています。

190622_01a_04.jpg
原種シクラメン ヘデリフォリウム

この時期に原シクが咲くことはよくありますが、この株はもっと可愛いピンク色の花だったのに花色が薄いんです。
花弁の形も、もっと丸みがあったはずなんですが・・・
あまりの変貌ぶりに戸惑っています。
本来の開花時期ではないから?
秋にシッカリ確認しなくては・・・


他にも花芽や葉芽が上がってきている株がいくつかあります。
190622_03c_20.jpg
種から育てているヘデリフォリウム スターゲイザーです。
チビ球たちは雨の当たる半日陰に置いてあります。
夏場でも葉が出やすい環境ですが、この時期に葉が出るということは まだ咲く気がないということかしら?
今秋の初開花を見込んでいたのにね~

190622_02c_22.jpg
こぼれ種からチビ球がワラワラ出来ていたグラエカムです。
先日の植え替えで5mm~1cmの球根23個を別鉢に入れました。
親ソックリの葉なんですよ。
3月に見た葉は まだ模様が出ていなかったから楽しみにしていたんですけど。。。
少しは違う柄を期待していたのになぁ~

黒軸あじさい スターリットスカイ 絢(アヤ)

こんな時期に紫陽花をお迎えしてしまいました。

190619_15a.jpg
スターリットスカイ 絢 です。 (花は終わっています・・・汗)
元々の花色は濃い青に白の絞り斑が入った色艶やかな紫陽花ですが、画像を勝手に拝借してくるわけにもいかないので、気になる方はご自分で検索してみてください。

スターリットスカイは渥美絞りの枝変り品種です。
渥美絞りよりも絞りの入り方がハッキリしていて装飾花がフリンジしています。
スターリットスカイ絢は、茎が黒い黒軸タイプになります。

190619_20a.jpg
花ビラのような装飾花がとても大きくて8cm以上ありますが、茎が太いので花の重みで垂れ下がることはありません。
また、装飾花の花弁が肉厚なので、秋色にして楽しむことが出来ます。
美しい絞り斑のこの紫陽花は、秋色になってもトリカラーです。
退色の時期が早いのと花弁に傷みが出ているのとで、購入年の今年に綺麗な秋色が望めるとは思いませんが、剪定限度ギリギリまで花を残してみようかと思っています。

190619_18a.jpg
あちこちで結実して蒴果が膨らんできているから採種もしてみようかな。
黒軸なので、蒴果が付いた姿もカッコイイ!

花が終わった紫陽花にウハウハしている変態shinoでした。。。

ギボウシ マウスシリーズ開花

大好きなギボウシ達が開花し始めました。

190617_01a.jpg
奥手がブルーマウスイヤー 10年物 8号鉢
左からフロステッドマウスイヤー マイティマウス ホーリーマウスイヤー 各6号鉢

ブルーマウスイヤーは、今年は花茎16本立っていました。
2016年から毎年10本超えです。


0426_09b.jpg
4年前、現在のホーリーの鉢に植わっていた頃のブルーマウスイヤー

マウスは小型ギボウシなので、小さいうちは生長が遅く感じられます。
それが生長し始めると グングン芽数を増やして大きくなります。
ホーリーも4年後にはブルーマウスイヤーの大きさになるのね。
将来が恐ろしいマウスシリーズ達でした。

Menu

プロフィール

shino

Author:shino
shino's garden へ ようこそ!
4年間の庭放置中に
いつの間にか 宿根草・多年草の
庭になっていました~
暖地 静岡より お届けです。
since 2015.03.16

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR